▶受験生におすすめの「勉強グッズ一覧」はこちら!

知覚動詞って何?使役動詞との共通点や受動態の用法などを一覧表付きで京大卒が徹底解説します!

スポンサーリンク
英語の知覚動詞
スポンサーリンク

こんにちは、信長(@nobunaga_ydb)です。

今回の記事では、大学入試で超頻出の「英語の知覚動詞」について徹底解説していきます。

  • 知覚動詞の種類や意味、使い方
  • 知覚動詞と使役動詞の共通点
  • 知覚動詞の受動態の用法

などを知りたい人には、超役立つ内容になっているので、一緒に楽しく学んでいきましょう!

京都大学を卒業後、Z会で英語の参考書を編集していた僕が、例文や一覧表を使ってわかりやすく解説していくよ~!

 

それではスタート!

スポンサーリンク

そもそも知覚動詞って何なの?

知覚動詞とは、一言で言えば、「五感に関する動詞」です。

 

五感って、視覚とか聴覚とかのことですか?
その通り!

知覚動詞は「五感に関する動詞」なので、「何かを見たり聞いたり、感じたりする」ときに使えます。

それではさっそく、知覚動詞の一覧と使い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

知覚動詞の一覧と使い方を紹介!

大学入試で出てくる知覚動詞の一覧は、以下を覚えておけばOKです。

英語の知覚動詞の一覧

 

また、知覚動詞の基本形は以下になります。

知覚動詞の基本形

知覚動詞+O+C(OがCするのを見る/聞く/感じる)

 

皆さんが大嫌いな文法用語を使って説明すると、Oは目的語で、Cは補語なのですが、今回は「目的語」や「補語」という用語を意識しなくても大丈夫です。

Oの部分に「人」が入って、Cの部分に「動詞的なもの」が入るのかな?

そうすれば、「人が⋯するのを見る/聞く/感じる」という意味になるかも!

みたいなイメージをつかんでもらえたら全然OKです。

 

そして、知覚動詞の使い方は以下の3パターンになるので、絶対に覚えましょう!

〈知覚動詞+O+C〉Cの部分に入る品詞によって、使い方が変わってきます。

知覚動詞の使い方3パターン
  1. 〈知覚動詞+O+動詞の原形(Oが⋯するのを見る/聞く/感じる)
  2. 〈知覚動詞+O+現在分詞(Oが⋯しているのを見る/聞く/感じる)
  3. 〈知覚動詞+O+過去分詞(Oが⋯されるのを見る/聞く/感じる)

 

〈知覚動詞+O+動詞の原形は、「動作の一部始終」を知覚するときに使う一方で、〈知覚動詞+O+現在分詞は、「動作の一部のみ」を知覚するときに使うんだ!

 

それでは、例文を見ていきましょう。

(Ex)I listened to him explain a new product.(私は、彼が新製品について説明するのを聞いた。)

これは、〈知覚動詞+O+動詞の原形の形ですね。

今回は、知覚動詞listen toが使われています。

 

引き続き、例文を見ていきましょう。

(Ex)I saw him walking hand in hand with a girl.(私は、彼が女の子と手をつないで歩いているのを見た。)

これは、〈知覚動詞+O+現在分詞の形ですね。

今回は、知覚動詞seeが使われています。

 

(Ex)The student heard her name called from behind.(その生徒は、自分の名前が背後から呼ばれるのが聞こえた。)

これは、〈知覚動詞+O+過去分詞の形ですね。

今回は、知覚動詞heardが使われています。

 

例文、まだまだ見ていきましょう。

(Ex)I saw him cross the street.(私は、彼が通りを横切るのを見た。)
(Ex)I saw him crossing the street.(私は、彼が通りを横切っているのを見た。)
1つ目の例文では、〈知覚動詞+O+動詞の原形の形が使われているので、「動作の一部始終」を見たというニュアンスになります。

つまり、「彼が通りを最初から最後まで横切るのを見た」という意味です。

 

一方で、2つ目の例文では、〈知覚動詞+O+現在分詞の形が使われているので、「動作の一部のみ」を見たというニュアンスになります。

つまり、「彼が通りを横切っている最中を見た」という意味です。

続いて、知覚動詞と使役動詞の共通点を見ていきましょう。

スポンサーリンク

知覚動詞と使役動詞の共通点とは?

別の記事で「英語の使役動詞」について解説しましたが、知覚動詞使役動詞にものすごく似ているんです。

関連記事 英語の使役動詞let/make/have/getの使い分けを例文付きで徹底解説します!

 

まずは、基本形が同じです。

使役動詞の基本形

使役動詞+O+C(OにCさせる)

知覚動詞の基本形

知覚動詞+O+C(OがCするのを見る/聞く/感じる)

どちらも、後ろにO(目的語)とC(補語)が続きます。

 

また、「Cの部分に入る品詞の見分け方」も似ています。

これは、「大学入試で狙われる重要ポイント」になります。

 

〈使役動詞+O+C〉のCに入る品詞の判別方法
  • OとCが能動関係(OがCする)⇒ Cには動詞の原形が入る 
  • OとCが受動関係(OがCされる)⇒ Cには過去分詞が入る
〈知覚動詞+O+C〉のCに入る品詞の判別方法
  • OとCが能動関係(OがCする)⇒ Cには動詞の原形or現在分詞が入る 
  • OとCが受動関係(OがCされる)⇒ Cには過去分詞が入る

 

知覚動詞も、使役動詞と同様、「OとCの関係性」に注目すれば、一瞬で判別することができます。

 

実際の英文を見てみましょう。

(Ex)I listened to him (  ) a new product.(私は、彼が新製品について説明するのを聞いた。)

さっきの英文ですね!

あれ、空欄になっている部分がある⋯。

大学入試で狙われるのは、この空欄に入る品詞なんだ!

この空欄に入る品詞はどうやって見分ければいいんだっけ?

えーと、OとCの関係が能動受動かで判別するんでしたよね⋯!

今回、OとCの関係はどちらかな?

「彼が説明する」だから、能動関係ですね!

ということは、空欄のCの部分には、「動詞の原形」もしくは「現在分詞」が入りますね!

大正解!

「彼の説明を一部始終聞いた」のなら、空欄には動詞の原形explainが入って、「一部だけ聞いた」のなら、現在分詞explainingが入るんだ!

 

もうひとつ、例文を見てみましょう。

(Ex)The student heard her name (  ) from behind.(その生徒は、自分の名前が背後から呼ばれるのが聞こえた。)

大事なのは、OとCの関係ですよね!

今回は「名前が呼ばれる」だから、受動関係ですね!

ということは、空欄には「過去分詞」が入りますね!

完璧やね!

というわけで、空欄には過去分詞calledが入るよ!

スポンサーリンク

知覚動詞の受動態の用法もチェック!

知覚動詞は、「受動態の用法」もポイントとしてよく狙われます。

「受動態の用法」については、以下のパターンのみを覚えておけばOKです。

 

知覚動詞の受動態の用法

【能動態】〈知覚動詞+O+動詞の原形(Oが⋯するのを見る/聞く)

【受動態】〈S+be動詞+知覚動詞の過去分詞+to do(Sがするのを見られる/聞かれる)

ポイントは、能動態のときは「動詞の原形」だったCの部分が、受動態では「to doになることです。

 

それでは、例文を見ていきましょう。

(Ex)I saw him cross the street.(私は、彼が通りを横切るのを見た。)

 

この例文が受動態になると⋯

(Ex)He was seen to cross the street.(彼は通りを横切るのを見られた。)

となるわけですね。

 

能動態のときは動詞の原形だったcrossが、受動態ではto crossになっていることがポイントだよ!

スポンサーリンク

入試問題にチャレンジ!

今回学んだ知覚動詞の使い方や重要ポイントを押さえたうえで、入試問題を解いてみましょう!

問題を解き終わったら、すぐ下の解答解説を読みましょう。

問1

I saw my English teacher (  ) across the parking lot.

① to walk ② walk ③ walked ④ walks

国士舘大学)

正解は②のwalkです。

 

OとCの関係性に注目するんですよね!

その通り!

知覚動詞の基本形
  • OとCが能動関係(OがCする)⇒ Cには動詞の原形or現在分詞が入る 
  • OとCが受動関係(OがCされる)⇒ Cには過去分詞が入る

 

今回は、「英語の先生が歩く」という能動関係になっているので、Cには「動詞の原形or現在分詞」が入ります。

よって、②のwalkが正解です。

 

形にさえ注目すれば、意味を考えなくても解けるんだ!

 

(訳)私は、英語の先生が駐車場を歩いて渡るのを見た。

 

問2

One morning Mary heard a bird (      ) outside the window. 

① singing ② sung ③ sang ④ was sung

(跡見学園女子大学)

正解は①のsingingです。

問1に引き続き、〈知覚動詞+O+C〉のCの部分に入る品詞が狙われています。

 

今回も、「鳥がさえずる」という能動関係だから、Cには動詞の原形or現在分詞が入るという考え方で合っているでしょうか?

完璧!

今回は、①の現在分詞singingを選べばいいね!

OとCの関係性に注目すれば、一瞬で解けるんだ!

 

(訳)ある朝、メアリーは窓の外で鳥がさえずっているのが聞こえた。

 

問3

I heard my name (      ) while I was playing in the park with my friends.

① call ② called ③ calling ④ calls

(近畿大学)

正解は②のcalledです。

問1と問2に引き続き、〈知覚動詞+O+C〉のCの部分に入る品詞が狙われています。

 

今回は、「名前が呼ばれる」という受動関係だから、Cには過去分詞calledが入るという考え方で合っているでしょうか?

その通り!

 

(訳)公園で友だちと遊んでいるとき、自分の名前が呼ばれるのが聞こえた。

 

問4

Jessica was (      ) the building with her sister.

① seeing enter ② seeing entering ③ seen enter ④ seen to enter

(東洋英和女学院大学)

正解は④のseen to enterです。

まず、①と②は消せますよね。

動詞seeの直後に、動詞の原形doingもこないですからね。

 

③と④は受動態になるわけですが、ここで「知覚動詞の受動態の用法」を正しく使えるかがポイントになってきます。

知覚動詞の受動態の用法

【能動態】〈知覚動詞+O+動詞の原形(Oがするのを見る/聞く)

【受動態】〈S+be動詞+知覚動詞の過去分詞+to do(Sがするのを見られる/聞かれる)

 

能動態のときは「動詞の原形」だったCの部分が、受動態では「to doになるんですよね。

というわけで、正解は④のseen to enterになります。

 

(訳)ジェシカは姉とその建物に入るのを見られた。

 

問5

I hear that one of his three sisters (      ) four movies a week.

① see ② sees ③ seeing ④ seen

(東洋大学)

正解は②のseesです。

①もしくは③を選んだ人は、まんまと引っかかっちゃいましたね。

 

hearの後ろをよ~く見てください。

that節がありますよね。

今回は、〈hear+O+C〉の形ではなく、〈hear+that ⋯〉(⋯だそうだ)の形が使われています。

よって、空欄には②のseesが入るんです。

主語がone of his three sisters(彼の3人の妹のうち、1人)なので、動詞seeには三単現のsがつきます。

 

hearがあるからといって、後ろに知覚動詞の形がくると思い込んだらダメだよ!

英文全体をじっくり見て、慎重に選択肢を選ぼう!

 

(訳)彼の3人の妹のうち、1人が週に4本の映画を観ているそうだ。
スポンサーリンク

英語の知覚動詞をマスターして、周りに差をつけよう!

今回の記事では、

  • 知覚動詞の種類や意味、使い方
  • 知覚動詞と使役動詞の共通点
  • 知覚動詞の受動態の用法

などを徹底解説しました。

 

知覚動詞をマスターすれば、周りの受験生に差をつけることができます!

 

知覚動詞は「五感に関する動詞」で、何かを見たり聞いたり感じたりするときに使えるのよ!

〈知覚動詞+O+C〉の形で、OとCが能動関係なら、Cには動詞の原形or現在分詞が入って、OとCが受動関係なら、Cには過去分詞が入るのよ!

知覚動詞を受け身の形で使うときは、Cの部分は「to doに変わるんだ!

 

こんな感じで、「知覚動詞の意味、使い方、重要ポイント」を人に説明できるくらいまでになりましょう!

コメント